IT

【OTV(Overlay Transport Virtualization)】概要

OTV(Overlay Transport Virtualization)とは?

OTVは「Layer2延伸技術」と呼ばれており、サイト(LAN)間のEthernetトラフィックをIPにカプセル化してL2ネットワークの拡張を実現させることができるネットワーク仮想化技術です。

通常、複数のデータセンターに同一のネットワークアドレスがあったとしても、ブロードキャストドメインが分割されてしまい通信することができません。

OTVは本社と支社は物理的に離れているが論理的に1つのLANとして通信したい場合や、データセンターの移転に伴うサーバ移行時に一時的に使用されたりします。

OTV技術の用語

・ エッジデバイス(Edge Device)
サイト(LAN)とコア(WAN)に接続してOTV機能を提供するデバイス
OTV 機能はエッジ デバイスにおいてのみ実行され、複数のオーバーレイ インターフェイス(※後述)を使用できます。 また、サイト毎に複数のエッジ デバイスを設置することができます。

・ 内部インターフェイス(Internal Interface)
エッジデバイスのインターフェースでサイト側(LAN)を示すL2インターフェース

・ 接続インターフェイス(Join Interface)
エッジデバイスのインターフェースでコア側(WAN)を示すL3インターフェース
接続インターフェイスのIPアドレスを使用し、OTVの送信元アドレスとして識別します。

・ オーバーレイインターフェイス(Overlay Interface)
論理マルチアクセスのマルチキャスト対応インターフェース
IPユニキャストまたはマルチキャストヘッダーにレイヤ 2 フレームをカプセル化します。

OTVの動作概要

・ OTV負荷分散
エッジデバイスが同一OTVサイトに2台ある場合、エッジデバイスはVlan毎に負荷分散を行う。
どちらのエッジデバイスが偶数VLANもしくは奇数VLANのトラフィックを転送するかは、システムID によって決定されます。(システムIDが大きい方が奇数VLANを流します)
実際の現場では、各L2延伸エリアで1系機器が偶数Vlan、2系機器が奇数Vlanを転送するよう考慮してシステムIDを設定したりします。

・AED
⇒各VLAN毎にAEDサーバが選定され、すべての MAC アドレスへの到達が可能かを監視する役割を持っており、AEDを担当していたサーバがダウンした場合、同サイトにいるエッジデバイスがAEDを引き継ぎます。

   

60か国の講師陣とマンツーマン!

Pickup post

  1. 【合格体験記】AWS 認定クラウドプラクティショナーの効率的な勉強方法
  2. 【CCENT廃止】Cisco認定試験制度変更(2020年2月24日~)

Related post

  1. Cisco Nexusシリーズ

    【vPC(virtual PortChannel)】設定

    vPCの設定方法下図を例にvPCの設定をしていきます。…

  2. IT

    初心者必見!IT業界について知ろう!

    この記事では「IT業界についてよくわからない」「ITってどんな所で使わ…

  3. IT

    応用情報技術者試験に合格したい方必見!効率的な勉強方法

    IT業界で働く方が取得している資格「情報処…

  4. AI人工知能

    人工知能について知る!【多層ネットワークの実装】

    前記事では活性化関数について学びましたが、本記事では非線形関数…

  5. IT

    【初心者必見】ネットワークを学ぶ前に知っておくべきこと

    本サイトに訪問して頂きありがとうございます。この記事では、ネット…

  6. IT

    【双方向NAT(Twice NAT)】概要と設定

    双方向NAT(Twice NAT)とは  双方向NATとは…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

日テレドラマ

おすすめ記事

  1. AWS Practitioner
価格満足度No1
  1. IT

    初心者必見!IT業界について知ろう!
  2. 基本情報技術者試験

    基本情報技術者試験に合格したい方必見!効率的な勉強方法
  3. IT

    【LINE Notify】毎朝天気のお知らせをLINEで送る方法
  4. 英会話

    【語学留学】英語偏差値底辺がフィリピンに行ってきた感想
  5. AI人工知能

    人工知能について知る!【ディープラーニングについて学ぶ】
PAGE TOP