Cisco Nexusシリーズ

【vPC(virtual PortChannel)】概要

vPC(Virtual PortChannel)とは

 vPCは仮想ポートチャネルと呼ぶこともあり、本来ポートチャネルは物理的に異なる2台のデバイスに対してチャネルグループを組むことができません。しかし、vPCの技術を使用することにより、異なる物理機器をまたいでポートチャネルを組むことができます。

vPCの技術はCisco Nexusシリーズで使用することができ、近年ではよく使われています。

vPCを使用しない場合

vPCを使わずに機器とリンクの冗長構成を考えた際、本来であれば以下の2パターンになってしまいます。


 各機器に対してリンクを張るとSTPにより片方のリンクが論理的にブロッキングにされてしまい、せっかく繋げたケーブルの中をデータが流れていきません。


 ポートチャネルを組もうとした場合、別機器をまたいでポートチャネルを組むことはできませんので、上記のような構成になってしまいます。

 仮に左上の機器がダウンした場合、もれなく下にいる機器は通信することが
できなくなってしまいます。


 別機器をまたいでポートチャネルを組むことができるようになります。

vPC技術の用語

  • vPC:vPCピアスイッチによって形成されたポートチャネル
  • vPCピアスイッチ:vPCを実行し、vPCを提供するお互いの機器
  • vPCメンバーポート:vPCを設定したvPCピアスイッチ上の物理ポート。
  • vPCピアリンク:vPCピアスイッチ間の10GEのポートチャネル。vPCピアスイッチ間で同期のために使用されるリンク。ピアリンクを使用してローカルピアからの発信パケットとしてタグ付けする。対向のvPCピアスイッチのvPCメンバーポートの障害発生時に、データトラフィックを導く。
  • vPCピアキープアライブリンク:リモートピアが正常に動作しているかどうかを判別する”セカンダリテスト”として使用されるL3通信パスを提供する。このリンクではデータトラフィックや同期トラフィックは送信されない。
    ※ このリンクのためにManagementインターフェースを使用することをCiscoは推奨しています。
  • vPCドメイン:vPCを構成する2台のvPCピアスイッチが所属するドメインのことを指します。
  • CFS(Cisco Fabric Services):ステートフルな設定メッセージの送受信と同期をサポートするよう設計されたプロトコル。vPCピアリンクでやりとりされ、vPCピアスイッチ間の状態の同期(MACテーブル等)を行う。

vPCの設定例についてはコチラ

      
60か国の講師陣とマンツーマン!

Pickup post

  1. 【CCENT廃止】Cisco認定試験制度変更(2020年2月24日~)
  2. 【合格体験記】AWS 認定クラウドプラクティショナーの効率的な勉強方法

Related post

  1. AI人工知能

    人工知能について知る!【ディープラーニングについて学ぶ】

    人工知能という言葉がTVなどでも取り上げられるようになり、将棋や囲碁の…

  2. IT

    【OTV(Overlay Transport Virtualization)】概要

    OTV(Overlay Transport Virtualizati…

  3. IT

    Cisco WLC & Aironet(AP)技術紹介

    今回は個人的なアウトプットのために、無線LAN技術のCIsco WL…

  4. IT

    【初心者必見】ネットワークを学ぶ前に知っておくべきこと

    本サイトに訪問して頂きありがとうございます。この記事では、ネット…

  5. IT

    【Wireless LAN Controller(WLC)】概要と設定

    Wireless LAN Controller(WLC)とは …

  6. IT

    【Wi-Fiの100倍の速さ!!】無線の最新技術Li-Fiとは?

    今となってはWi-Fiを使っていない家庭はほとんどないような時代になっ…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

おすすめ記事

  1. AWS Practitioner
価格満足度No1
  1. IT

    【LINE Notify】毎朝天気のお知らせをLINEで送る方法
  2. 海外ドラマ

    ウォーキング・デッド シーズン8【第2話の感想】懐かしの人と再会!
  3. IT

    初心者必見!IT業界について知ろう!
  4. AI人工知能

    人工知能について知る!【ディープラーニングについて学ぶ】
  5. AWS

    【CCENT廃止】Cisco認定試験制度変更(2020年2月24日~)
PAGE TOP