Cisco Nexusシリーズ

【vPC(virtual PortChannel)】設定

vPCの設定方法

下図を例にvPCの設定をしていきます。

vPCの概要については以下の記事を参考にしてください。

vPCの概要について

Nexusの初期設定

 Nexusを起動すると、まず以下のような対話式出力がされます。

1.ソフトウェアイメージのアップグレードとコンフィグレーションファイルのインストールのプロセスを自動化するか選びます。
Abort Power On Auto Provisioning [yes – continue with normal setup, skip – bypass password and basic configuration, no – continue with Power On Auto Provisioning[no]:

2.セキュリティが高いパスワードしか設定できないようにするかを選びます。
Do you want to enforce secure password standard (yes/no) [y]:

3.adminユーザのパスワード設定
Enter the password for “admin”:
Confirm the password for “admin”:

4.設定を対話式or手動で設定するかを選びます。
Would you like to enter the basic configuration dialog (yes/no):

Managementポートの設定

N9K-01

N9K-02

Nexusはデフォルトでmanagementという名前のVRFを持っており、現場では管理用として運用されることがほとんどです。

vPCドメインの設定

N9K-01

N9K-02

①vPC機能のサービス有効化をさせます。デフォルトでは無効化されている。
(config)# feature vpc

②vPCドメインの値を決めます。vPCピアスイッチで同じ値にする必要がある。
(config)# vpc domain [number]

③ピアスイッチに筐体障害等が起きた場合でも、通信断を無くすコマンド。
(config-vpc-domain)# peer-switch

④vPC Roleの設定。vPCプライマリは値を小さく、vPCセカンダリは値を大きくする。
(config-vpc-domain)# role priority [number]

⑤vPC Peer-Keepaliveの設定。destinationにvPCピアスイッチのアドレスを指定し、sourceに自身の送信元アドレスを指定する。
(config-vpc-domain)# peer-keepalive destination [address] source [address] vrf [vrf name]
※通常はVRF:managementを使用して管理用のルーティングで到達性を確保します。

⑥着信パケットの宛先MACがそのvPCピアスイッチのMACである場合、Nexus同士で転送を可能にする設定。
(config-vpc-domain)# peer-gateway

⑦vPCピアリンクのダウン時に、Primaryスイッチがダウンするという二重障害が発生してもSecondaryスイッチが正常に動作するための設定。
(config-vpc-domain)# auto-recovery

⑧ピアスイッチの復旧時、vPCピアスイッチ間のARP情報を同期させる設定。ARP解決の時間短縮に効果的。
(config-vpc-domain)# ip arp synchronize

インターフェイスの設定

N9K-01

N9K-02

動作確認

vPCとEtherChannelが正常に組めているかを確認します。

※vPC ピアリンクの各インターフェイスで速度が10GB未満の場合、正常にEtherChannelやvPCが組めません。インターフェイスの速度が最大で1GBまでしか対応していないEVE-NGなどの仮想環境上では正常に動作しません。

show vpcで Peer Statusがpeer adjacency formed okになっていることを確認し、各項目が全てsuccessであることを確認します。

show vpc consistency-parameters vlansでReason Codeがsuccessになっていることを確認してください。

show port-channel summary で各メンバーポートのフラグがPになっていることを確認してください。

      

60か国の講師陣とマンツーマン!

Pickup post

  1. 【CCENT廃止】Cisco認定試験制度変更(2020年2月24日~)
  2. 【合格体験記】AWS 認定クラウドプラクティショナーの効率的な勉強方法

Related post

  1. IT

    【L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)】設定

    L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)とは…

  2. IT

    【Wi-Fiの100倍の速さ!!】無線の最新技術Li-Fiとは?

    今となってはWi-Fiを使っていない家庭はほとんどないような時代になっ…

  3. AI人工知能

    人工知能について知る!【ディープラーニングについて学ぶ】

    人工知能という言葉がTVなどでも取り上げられるようになり、将棋や囲碁の…

  4. Cisco Nexusシリーズ

    【vPC(virtual PortChannel)】概要

    vPC(Virtual PortChannel)とは  v…

  5. IT

    【OTV(Overlay Transport Virtualization)】概要

    OTV(Overlay Transport Virtualizati…

  6. AI人工知能

    人工知能について知る!【ニューラルネットワークについて学ぶ】

    前記事ではパーセプトロンについて学びました…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

おすすめ記事

  1. AWS Practitioner
価格満足度No1
  1. 最新ニュース

    タバコの値段がまた上がる?今後のタバコ事情を紹介
  2. 基本情報技術者試験

    基本情報技術者試験に合格したい方必見!効率的な勉強方法
  3. IT

    初心者必見!IT業界について知ろう!
  4. 海外ドラマ

    ウォーキング・デッド シーズン8【第2話の感想】懐かしの人と再会!
  5. AWS

    【CCENT廃止】Cisco認定試験制度変更(2020年2月24日~)
PAGE TOP