IT

パソコンの選び方について【ベンチマーク選定】【2019年版】

パソコンの選び方として、まず注目されるのが「CPU」です。
「CPU」とはパソコンの脳となる部分で、演算処理を行う部分です。
この性能が低い場合、メモリ等の他のパーツを性能の良い物にしたとしても、処理を行う中心となるCPUがボトルネックとなり、結局は動作が遅いPCになります。
ここでは新しいパソコンの選び方として、ベンチマーク選定を紹介します。

ベンチマークとは

比べる同類物との差が分かるような、数量的や質的な性質(の組)。 「性能の―テスト」

CPUにおいてのベンチマークを簡単に説明すると、
あらかじめルールを決めた中でCPUに処理をさせ、その結果をその他のCPUと比較出来る様、数値化(スコアに)した物となります。
この後に出る「PassMarkスコア」とは、ある測定ルールにより測定されたスコアの一つとなります。

また、ドラゴンボールのスカウターにより測定される「戦闘力」も、スカウターによって測定されたベンチマークスコアの一つで、
「戦闘力」として表された数値を比較する事で、キャラクターの強さが簡単に比較できる様になっています。

そのためCPUにおいても、ベンチマークスコアを用いる事で、
実際に使用した際のパフォーマンスに近い比較が容易となります。

CPU毎のPassmarkスコアの確認方法は至って簡単で、PassMark Softwareさんのページでスコアが掲載されており、
気になるCPUがある場合は、
Googleで「CPU型番 passmark」と検索する事で確認する事ができます。

CPUのベンチマークスコア確認方法


筆者の使用しているPCのCPU「Core i7 2700K」のスコアを確認した際は以下の様な流れとなりました。

「CPU型番 passmark」と検索する

cpubenchmark.netのページを開く

赤字のCPU Markのスコアを確認する

i7 2700KのPassMarkスコアは「8697」という事がわかりました。

周波数の比較では何故ダメなのか

実は、市販のCPUの周波数は2010年あたりに既に頭打ちしており、
単純な性能比較に使用できない状況になっています。

周波数が頭打ちしているためCPUの処理速度は2010年あたりから早くなっていないのかというと、
そう言う事でもなく、周波数以外の要素を変えて高速化を図る事が主になった、というのが現状です。

現在においても、低周波数のCPUを搭載したPCを見かける事はありますが、
0.5-2.5GhzのCPUを搭載しているコンピュータはノートパソコンやタブレット等となります。

参考
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Intel_microprocessors

CPUが早い場合はHDDがボトルネックになる

ここでは細かい説明はしません。
動作が早いPCはHDDを搭載していません。
待たされたくない場合はSSD搭載を条件に入れましょう。

また、メモリを沢山搭載する事で動作が早くなる事はありません。
早くなった場合、今まで不足していたためにHDD又はSSDをメモリ変わりに使用(ページング)していたと考えられます。

メモリは沢山載せる?

メモリは必要に合わせて増設する事をお勧めします。
市販のノートPC等のメモリ交換は簡単に行える様になっています。
例外としてSurfaceなどの増設・変更ができないPCもあるため、
その際は充分な量のメモリを搭載しておく必要があります。

また、メモリにもメモリクロックがあり、アクセス速度が異なるメモリが存在します。
ただし、メモリを搭載する事で動作が早くなる事はありませんし、動作への影響は微々たるものです。

もし増設により動作が早くなる場合には、既に不足していたためにHDD又はSSDをメモリ変わりに使用(ページング)していた、という事が考えられます。

現在のアツいCPU達

デスクトップPCやノートPC向けのCPUを開発しているメーカーはAMDとIntelがあります。
AMDは最近まで、IntelのCPUの性能に圧倒されていましたが、Ryzenの登場により、流れは変わってきています。(と筆者は感じています。)

私は以下の理由からRyzen 2700Xをオススメしています。
・性能としてはPassmark16983でi7 9700Kと同等
・価格としてはi7 9700Kよりも1万円以上安い

Intel Core i9 シリーズ

Intel がメインストリーム 向けのハイエンドモデルとして出しているCPUとなります。
昨年に発表、発売され話題となりましたが、Core iシリーズの世代としては9世代となります。

Corei9-9900K

コア数:8コア/16スレッド
周波数:3.6Ghz/最大(ターボブースト時)5.0Ghz
価格:70980円 (2019/02/25時点)
Passmarkスコア:20168(Passmark Softwareより)

Intel Core i7 シリーズ

Intel がメインストリーム 向けのハイエンドモデルとして出していたCPUとなります。
Core i9シリーズの発表で上座を奪われましたが、Core i9が非常に高価なため、
未だに人気なのはこちらのCore i7シリーズとなります。

Core i7-9700K

コア数:8コア/8スレッド
周波数:3.6Ghz/最大(ターボブースト時)4.9Ghz
価格:51680円 (2019/02/25時点)
Passmarkスコア:17254(Passmark Softwareより)

Intel Core i5 シリーズ

Intelがメインストリーム向け、ミドルクラスとして出されているCPUとなります。
このクラスのCPUでも、ゲーミングPCとしてはオーバースペックまだまだ余裕のある処理速度です。

Core i5-9600K

コア数:6コア/6スレッド
周波数:3.7Ghz/最大(ターボブースト時)4.6Ghz
価格:32950円(2019/02/25時点)
Passmarkスコア:13441(Passmark Softwareより)

Ryzen Threadripper , 7 シリーズ

AMDがメインストリーム向け、ハイエンドクラスとして出しているCPUとなります。
このシリーズの登場により、Intel1強の状況は崩れつつあります。

Core iシリーズの様にRyzenの中にもシリーズがあり、性能は以下の様になっています。

Threadripper > 7 > 5

Ryzen Threadripper 1900X

コア数:8コア/16スレッド
周波数:3.8Ghz/最大4.0Ghz
価格:36954円(2019/02/25時点)
Passmarkスコア:16033(Passmark Softwareより)

Ryzen 7 2700X

コア数:8コア/16スレッド
周波数:3.7Ghz/最大4.3Ghz
価格:34648円(2019/02/25時点)
Passmarkスコア:16983(Passmark Softwareより)

60か国の講師陣とマンツーマン!

Pickup post

  1. 【合格体験記】AWS 認定クラウドプラクティショナーの効率的な勉強方法
  2. 【CCENT廃止】Cisco認定試験制度変更(2020年2月24日~)

Related post

  1. IT

    web開発未経験者がwebの勉強をするには (HTML, CSS編)

    webアプリケーションが乱立する今の時代、一人でweb…

  2. AI人工知能

    人工知能について知る!【ディープラーニングについて学ぶ】

    人工知能という言葉がTVなどでも取り上げられるようになり、将棋や囲碁の…

  3. AWS

    【CCENT廃止】Cisco認定試験制度変更(2020年2月24日~)

    Cisco認定試験(CCENT,CCNA,CCNP,CCIE)が20…

  4. IT

    LPICとLinuCどっちを受験するべき?LPICとLinuCの違いを紹介

    こんにちは、G-CLOUDです。最近LPICが日本でもう受験で…

  5. AI人工知能

    人工知能について知る!【パーセプトロンについて学ぶ】

    上記のサイトで、人工知能について学ぶ際に実…

  6. IT

    【Wi-Fiの100倍の速さ!!】無線の最新技術Li-Fiとは?

    今となってはWi-Fiを使っていない家庭はほとんどないような時代になっ…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

おすすめ記事

  1. AWS Practitioner
価格満足度No1
  1. 基本情報技術者試験

    基本情報技術者試験に合格したい方必見!効率的な勉強方法
  2. AWS Practitioner

    AWS

    【合格体験記】AWS 認定クラウドプラクティショナーの効率的な勉強方法
  3. 海外ドラマ

    ウォーキング・デッド シーズン8【第3話の感想】エゼキエル死ぬ!?
  4. 海外ドラマ

    ウォーキング・デッド シーズン8【第2話の感想】懐かしの人と再会!
  5. 映画

    【評判】マイティ・ソー バトルロイヤルを見てきた感想
PAGE TOP